役に立つ!オフィス工事で相見積もりの方法

オフィス工事を行う時に必要

正しく相見積もりをする

最初に聞いた業者だと、高額な料金が発生するかもしれません。
しかし次に聞いた業者は、もっと安い金額を提示してくれる可能性があります。
そのように業者によって、工事の料金が変わると忘れないでください。
よりお得にオフィス工事をするためには、複数の業者に見積もりを聞くことが欠かせません。
その行為を、相見積もりと言います。
相見積もりをする場合は条件を決めて、全く同じ条件で工事をした際にいくらになるのか聞きましょう。

また、まだ相見積もりをする段階だと業者に伝えてください。
相見積もり自体は悪いことではありませんが、業者に何も伝えていないと、自分の業者に決まると思って先の準備まで進めるかもしれません。
まだこの業者に決まるかわからないという旨を、早めに伝えることが重要です。
さらに、その金額がオフィス工事の合計金額なのか確かめましょう。
工事の基本料金だけで、後から追加料金を請求されたら意味がありません。

相見積もりをして依頼する業者が決まったら、その他の業者に断りの連絡を入れなければいけません。
別の機会に依頼するかもしれないので、失礼のないように連絡してください。
まず、返答の期日を守りましょう。
なるべくギリギリにならないよう、業者を判断したら早めに伝えることが大事です。
さらに今回は断る結果になってしまったけれど、見積もりを出してくれたことに対して感謝の気持ちを伝えてください。
すると、相手も嫌な気分になりません。