見積もりの段階だと伝えよう

余計なトラブルを防止する

前もって、相見積もりを取っていると業者に伝えましょう。
正直に伝えるのは心苦しいかもしれませんが、相見積もりは一般的に行われていることです。
悪いことではないので、素直に伝えてください。
この時に相手に申し訳ないと思って相見積もりをとっていることを内緒にすると、業者が自分に依頼されると思い、工事の準備をかなり先まで進めてしまう可能性があります。

結局この業者に決まらなかった場合はその準備が無駄になり、そちらの方が申し訳ないと感じるでしょう。
余計なトラブルに繋がるので、隠し事はしないでください。
見積もりを聞く段階で、相見積もりをするつもりだと伝えるのがベストです。
正直に言ったからと、印象が悪くなることはありません。

悪質な業者に要注意

中には、悪質な業者もいます。
そこでは見積もりを聞いた時に、工事の基本料金しか教えてくれません。
安いと思い依頼すると、工事が始まってから追加料金を請求されます。
最終的に料金が高くなり、全くお得ではないので気を付けてください。
そうならないよう、見積もりで合計金額を聞くように意識しましょう。

見積もりを提示されたら、どのような内容の工事が組み合わさってこの料金になったのか説明を受けてください。
素人が見積もりを見ても、よくわからないかもしれません。
業者のスタッフなど、専門的な知識を持っている人から説明を受けた方がわかりやすいです。
この時に詳しく説明してくれなかったり、隠したりしている部分があったら怪しいので避けましょう。


このPostをシェアする